スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ぼくの仲間たち


あきちゃんが家族として我が家へ来た当時、先住猫が二匹いました。

アメリカンショートヘアの空助(くうすけ)男の子と、MIXの小夏(こなつ)女の子です。

仲良し三匹2


二匹は、最初はあきちゃんを見て威嚇ばかりしていましたが、次第に『こいつも家族の一員になったかな?』と受け入れてくれました。

とは言え、元々空助は他の猫に対してクールなところがあったので、あきちゃんの遊び相手になってくれたのは、小夏ばかりでしたが・・・。

それでもたま~に、下の写真の様に、三匹が一緒になっていることもありました。
因みにこうなるのはワンパターンでして、まず、空助がお気に入りの場所でお昼寝。そこへ小夏が甘えているのか真似がしたいだけなのか、空助にピタッとくっ付きます。それからさらに、それに気付いたあきちゃんが、ぼくもぼくもと小夏にピッタリとくっ付くのです。


仲良し三匹1


空助は、長い間、ひとりっこ(一匹猫)の環境だったので、突然小夏が来た時、家族みんなの注目が、自分以外にも向けられた事に暫くの間戸惑っていたようです。その時の空助の心情を、私たち家族はあまり考えてなかった気がする。今になって後悔しています。

そんな空助が、10歳足らずで、虹の橋を渡ってしまいましたが、残された小夏とあきちゃんは、時々喧嘩しながらも、仲良しでした。


仲良し三匹4

けれども、小夏も、数年前に空助と同じ歳くらいで虹の橋を渡ってしまいました。


この日から、あきちゃんの仲間がいなくなり、その環境に慣れるまで、寂しそうに鳴きながら家をうろうろしていたんです。

でも時間が経つと、すっかりとわがまま猫に変わっていました。
何せ、人間たちにとって、今や可愛い猫はあきちゃん一匹。彼を溺愛しました。
おまけにあきちゃんも先住猫には多少気を遣っていたのでしょう。でもそれが必要なくなったのです。さらに、いつも小夏と取り合いしては負けていたロッキングチェアも独り占めできるのです。(この椅子は、現在人間の方が遠慮しております。)

小夏との真夜中の運動も、日中のじゃれあいもできなくなったあきちゃんは運動不足に・・・。益々体重が増加したようです。

小夏と空助についてはまたぼちぼち書いていきたいです。

次回はあきちゃんがどうしてここまで太ってしまったのか、書いてみます。
(もちろん、あきちゃんが太った原因は全面的に私たち飼い主の責任で、食事管理できていなかったことが申し訳ないです・・・。)

21:29 | 空助と小夏
comment(2)     trackback(0)
comments
凄く仲良しさんですね。:)
仲良くなるまでに、どれくらい掛かりましたか?
我が家も今は、
一匹だけなのですが、
もう一匹保護しようかと思案中です。

凄く仲良しさんですね。:)
2009/08/07 16:30 | | edit posted by 太っちょの母です
Re: 凄く仲良しさんですね。:)
太っちょの母ですさん、初めまして。コメントをくださってありがとうございます。
実は、コメントを頂いていた事に気づいていなくて、お返事が遅くなってしまいました。
管理において不慣れな部分があるのですが、早く慣れなければだめですよね・・・。
遅くなってしまって本当にすみませんでした。

実は私もつい最近、太っちょの母ですさんのブログを知り、楽しませて頂いてたんです。
太っちょくん、可愛いですね!なんだかマイペースそうな性格で、とても幸せそうです。

新しい猫さんを迎え入れる事を考えてらっしゃるのですね。
うちの場合なのですが、日記にも書きましたが、一番最初からいた猫の空助だけは、結局他の2匹とは馴染めませんでした。
もちろん常に喧嘩状態という訳ではなく、後から来た2匹が煩わしいような感じでした。小夏も来た当時は小さな子猫で、遠慮という感覚がなく、頻繁に空助に飛び掛ってたんです。おまけに空助は一人っ子気質になってしまっていたんでしょうね。
でもここで、飼い主の私たちが、もっともっと空助の心情に対するフォローをしていればよかったのかもと、凄く後悔しています。

その後、あきちゃんを迎え入れた時、最初は心配だったのですが、まず小夏とあきちゃんは数日で仲良くなりました。そして空助も、今まで自分に纏わりついてきた小夏の目があきちゃんに向いたので、思いの他問題がなかったのです。


迎えいれてくれる家族を待っている猫さんたちがいるから、できれば太っちょくんも他の猫さんを受け入れてくれたら、と思うのですが・・・。
ただ、時間をかければ、もの凄い仲良しとまではいかなくても、同じ空間で過ごせるようにはなるとは思います。

猫たちも、性格は本当に色々ですよね。だから難しいところもあるかと思います。でも愛情をたっぷりと示してあげれば、大丈夫ではないかとも思います。

幸せになってくれる猫さんが増えるといいですね。
2009/08/11 22:56 | | edit posted by そらとなつ
comment posting














 

trackback URL
http://konpiranoie.blog54.fc2.com/tb.php/12-30afada0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。